AUCTION安心競売代行

安心競売代行

少しでも不動産を安く取得するための手段として脚光を浴びている競売などの不良債権物件。競売物件の取得にはリスクもありますが、当社のシステムでそのリスクを軽減することができます。競売物件の取得をお考えのお客様、また、不良債権等をお抱えになっているユーザー様も、不良債権処理のノウハウを知り尽くした当社にまずはご相談ください。

競売とは・・・

債権者(抵当権者など)が債務不履行(お金を返してもらえなくなった状態)になった債権を回収するための法的手続きであり、債権者(抵当権者など)の申し立てにより裁判所を通じて、その担保目的となっている不動産を処分(売却=任意競売)したり、債務者が所有している不動産を強制的に処分(売却=強制競売)する法的手続きのこと。

競売の流れ

差押・競売開始決定、物件明細書の閲覧、入札期日、開札期日、代金納付、所有権移転登記、明渡交渉、明渡命令、引渡命令、強制執行、物件明渡、難しい手続きなどもハウスセイラーズにお任せください!

当社業務

物件明細書の閲覧

【競売代行コンサルティング】

入札手続やその他の処理は自分でできるが、購入後の物件に対するアプローチや、適正価格等がわからないお客様のために、ハウスセイラーズでは過去の経験と最新のデータをもとに物件に対する具体的な処置方法をアドバイスいたします。 すでに入札を経験されているお客様にも好評をいただいております。
料金・・・・・・3.24万円(税込)
対象裁判所・・・東京地方裁判所本庁・埼玉地方裁判所本庁、他相談
入札期日

【入札代行業務】

入札書、その他必要書類の準備から記入、および裁判所への提出を代行いたします。また、入札書の控をお届けいたします。
開札期日

【開札時の業務】

開札の結果は即時当社に入ってまいりますので、落札の可否は即日中にお電話などでご連絡いたします。
代金納付

【代金納付時の業務】

売却許可決定後に裁判所から郵送されますので、落札価格より入札保証金を引いた額を残代金として納付していただきます。当社提携の銀行ローンなどもご紹介をさせていただきます。
所有権移転登記
代金納付が完了すると、裁判所が所有権移転登記を職権で行います。
料金・・・・・・落札価格の5%
最低54万円(税込)、但し、落札ができなかった場合、料金はいただきません。
明渡交渉

【明渡交渉の業務】

代金納付が完了すると、明渡交渉を開始できます。占有者との話し合いや法的手続きが必要となった場合、ハウスセイラーズではユーザー様に代わり明渡交渉やその他の問題を解決し、物件をきれいな状態にしてお引渡致します。
料金・・・・・・最低54万円(税込)
但し、立退き料、強制執行費用等は別途必要となる場合がございます。

ご相談は一切無料、お電話またはメールにてお気軽にご相談ください。